30代からの再勉強日記(ビジネス系/IT系の一般論の理屈を考えてみる)

徐々に、新たなタスクを起こし任せる側になりました。将来検討のためにも、一般論やセオリーを勉強・考察し外部へ共有する事で学びを深めたいと思います。皆さんにも役立つ所があれば幸いです。※最近ミッション変更となり、更新頻度落が落ちます。

【IT勉強】 NTPより正確な時刻情報入手(PTP)

 以前、東京小平にあるNICTのサーバから、IP網で時刻情報を通知するNTPサーバの親元がある事を調査しました。しかし、世の中にはより正確な時刻が必要とされるシステム(金融取引や5Gなど)があるため、PTPと呼ばれるNTPよりも正確な時刻がとれるプロトコルがあるみたいなので調べてみました。

 

 

study-on.hatenablog.com

 

時刻情報の必要性の振り返り

 システムが【いつ】・【何を】動作したのか把握するため。

例えば、金融取引もそうですし、お客様から不具合の申告があった時にどのような処理があったのか追跡・もしくは不正アクセスがあった際にどのようなフローだったか、どんな情報がとられてたのか追跡するために必要になる。

 一般的にはNTP/SNTPが使われ、NTPが数百ミリ秒程度の誤差、SNTPがもう少し誤差が大きいが、重要インフラとかではないや特別な技術要件がない限りNTPで十分だとされる。

 

PTP(Precision Time Protocol)

 1μ(マイクロ)秒以下の精度を保証するプロトコル

用途として、GPSでの時刻情報受信ができない地下・ビル内での通信に活用。

 

2つの方式(BC/TC)

  ・マスターの時刻情報を持つマスタクロックから、直接情報を投下するTC

   →劣化しないが、収容台数が少ない

 ・途中で自身でクロック情報から再度情報を生成するBC

   →劣化するが、収容台数が多い。(マスタクロックの負荷分散になるため)

 ※TC:トランスペアレントクロック(透過クロック)

 ※BC:バウンダリークロック(境界クロック)

 

 

www.seiko-sol.co.jp

 

条件(ハードウェアスタンプ機能)

 上記方式による高精度のクロックと装置内の遅延を避けるためハードウェアタイムスタンプ機能を使う事で、OS等の遅延をなくす。

 そのため、PTP対応SWなどを明示的に探す必要があるため、高価になりやすい。

まとめ

 はたしてPTPが必要となるシステムに縁があるかは将来の楽しみですが、通信技術に使われている以上、このNTP以外にPTPという単語がでてきてNTPの間違いでは?と変な指摘をしないように覚えておきたいと思います。

 また、この技術だとうるう秒の対策もいらないメリットもあるようです。

 ※まあ、かなり高そうな装置になりそうなので、そのために導入するかは疑問符ですが、もし導入するとなれば理由の一つにつけておくとありなのかもしれませんね。